クレジットカード現金化の手数料とは

クレジットカード現金化を業者に申し込もうと考えたとき、換金率だけを見て業者選びをするのはちょっと待ってください。確かに、できるだけ多くの現金を手に入れるためには換金率が高ければ高いほど良いです。
しかし、実際に取引を行ってみると、換金率で計算した通りの額よりも少ない額の現金しか手に入らなかったということもありえます。なぜなら、手数料がかかる場合があるからです。
カード現金化の基本的な仕組みとして、業者が指定するなかで商品を選び、カード決済で購入します。この商品は必ず発送されてきます。商品が届かない場合は、その業者は信用できない相手かもしれません。優良業者は必ず商品を送るのですが、このとき送料が発生するはずです。
また、業者から現金が振込まれるときも、振込手数料がかかるでしょう。送料や振込手数料など、諸々の手数料が引かれることで、いくら換金率が高くても実際に手にする金額は少なかったということが起こるのです。そこで、業者を選ぶときに、手数料に関する記述をチェックしましょう。手数料について一切説明がない業者については敬遠したほうが良いかもしれません。
優良業者のなかには、手数料が一切かからないとしているところも多いです。また、キャンペーンのなかで手数料不要を謳っているところもあります。本当に多くの現金を手に入れたい場合は、換金率が高く、且つ手数料がかからない優良業者を見つけ出しましょう。
また、換金率について、優良業者のほとんどはわかりやすく表にして数字を出しています。換金率がはっきりとわかれば、あらかじめどのくらいの現金を手に入れることができるか計算しておくことができます。そして、この計算は必ずしておきましょう。
実際の受取額と計算が一致するかどうかというところでも、業者の対応が誠意あるものかどうかがわかります。換金率も手数料の有無も大切ですが、なにより大切なことは、その業者が信頼できるかどうかということでしょう。

TOP