クレジットカード現金化が疑われるポイント

クレジットカードのショッピング枠を換金目的で利用することは、各カード会社が禁止していることです。
もしもクレジットカード決済をしたときに換金目的であるということがバレたら、最悪の場合カードの利用停止になることがあります。
この利用停止を防ぐために、カード会社がクレジットカード現金化を疑うのはどのような場合なのかを知っておきましょう。
まず、クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。キャッシング枠を利用すれば、現金を準備することは可能です。しかし、このキャッシング枠が限度額いっぱい利用されているときは、ほかの手段で現金を準備しなくてはなりません。
つまり、クレジットカード現金化が疑われやすくなるひとつの状況として、キャッシング枠がこれ以上利用することができない状況であることが挙げられます。次に、ショッピング枠を利用して購入した商品に注目しましょう。効率よくカード現金化を行うためには、換金率の高い商品を選ぶことが必須です。つまり、換金率の高い商品をクレジットカードで大量に購入すると怪しまれるということです。
疑われる可能性の高い商品は、回数券や商品券といった金券です。ほかにも高級時計やアクセサリー、人気の高いゲーム機なども疑われやすいです。ただし、これらの購入の理由が本当にカード現金化目的なのかどうかは、購入した当人にしかわからないものです。明らかにカード現金化目的だろうと推測された場合はカード利用停止の判断を下すことがありますが、怪しいけれど決定的ではないとされる場合は見逃されます。
つまり、よほど目立つようなクレジットカードの利用の仕方をしていなければ、リスクを回避することができるということです。カード会社に疑われないようにするために、キャッシング枠を限度額いっぱいに利用しないことや、換金率の高いものばかりを買わないこと、そして現金化に有利だとよく知られている商品を買わないようにしましょう。

TOP