カード現金化業者に依頼してリスク回避

クレジットカードの現金化がカード会社にバレてしまった場合、カード利用停止の処分を下されることがあります。
その多くは、自分でカード現金化を行おうとしたときに発生するものです。
カード現金化の手法はよく知られており、どのような商品を購入すると現金化の際に有利なのかということも知られています。
換金率が高いからといって、安易に商品選びをしてクレジットカード決済を行うと、カード会社に怪しまれます。また、一度や二度の決済では問題がなかったとしても、換金率の高い商品ばかりを毎回大量に購入していれば、カード現金化を行っているだろうと推測されてカードの利用を停止させられます。
カード現金化がバレないようにするために、もっとも手っ取り早い方法は業者に依頼することです。
カード現金化を行っている優良業者は複数存在します。業者に間に入ってもらうことで、カード現金化を行っていることがクレジットカード会社にバレにくくなります。
ただし、ひとつ気をつけておきたいことは、クレジットカードの利用がカード現金化会社ばかりにならないようにすることです。カード現金化業者ばかりを相手に買い物を続けていると、やはり怪しまれる危険性がゼロではありません。
自分でカード現金化を行うよりははるかにリスクが少ないですが、絶対にバレないとは言い切れません。
そもそも、カード現金化は、緊急で現金が必要となったときに利用することが多いでしょう。キャッシングの審査が不安だがどうしても現金が必要だというときや、誰にも知られないで現金を準備したいときなどの保険として考えている方も多いはずです。
カード現金化は、いざというときのピンチを救ってくれる大切な方法です。
この方法をいつまでも安心して使うことができるように、日頃の買い物についてはよく考えて行っておいたほうが良いでしょう。
以上のことをまとめると、カード現金化に不利な買い物を繰り返さないことが大切です。

TOP