商品券やギフト券を使ったクレジットカード現金化

クレジットカード現金化を自分で行おうと考えたとき、いったいどんな商品を利用しようと考えるでしょうか。現金化を自分で行う目的は、できるだけ多くの現金を手に入れるためという場合が多いでしょう。
つまり、換金率の高い商品を見つけて転売したいと考えるはずです。
換金率が高いものといえば、商品券やギフト券があります。そもそもお金の代わりに使用できるものなので、チケット買取業者などに持っていくと高い換金率で買い取ってもらえるでしょう。ただし、高い換金率を誇ると明確にわかっている分だけ、リスクも高まります。
クレジットカード現金化は、カード会社が厳しく禁じています。現金化の疑いが強まると、カードが使えなくなってしまうことがあります。
商品券や金券は、カード現金化が疑われやすい商品なので、大量に購入するとカード会社から疑われる可能性が高いです。ほかにも、交通機関の回数券やチケットのなかにも換金率が高いものがあります。やはり、需要が高いものは高く買い取ってくれる可能性が高いのでしょう。もちろん、換金率が高いという情報はクレジットカード会社も持っていますから、自分が住んでいる範囲で利用しないような交通機関のチケットを大量に購入すると怪しまれます。
カード現金化が目的で買ったのではなく、自分が利用するために買ったとしても疑われるくらいなので、注意が必要です。
自分で利用するために買ったことが証明できれば、カード会社からの疑いは晴れます。自分でクレジットカード現金化を行う場合、一気に大金を得ようとすると非常にリスクが高いことがわかります。どうしてもすぐにまとまったお金がほしいということであれば、優良なクレジットカード現金化業者を利用したほうが、話が早いかもしれません。
もちろん、業者を利用するにしても、優良業者を見分けるための情報収集は必要です。それでも自分でカード現金化を行いたい場合は、リスクについてきちんと理解しておくと良いでしょう。

TOP