返品処理を利用したカード現金化

クレジットカード現金化というと、カードのショッピング枠を利用して買い物を行い、商品を転売する方法を思い浮かべる方が多いかもしれません。
もしくは、優良業者に委託して、カード現金化を行う方法を考える方が一般的かもしれません。
実は、カード現金化とはほかにもいろいろな方法があります。そのひとつが、返品処理を利用して現金を得る方法です。
まず、お店に出向き、クレジットカードで商品を購入します。後にその商品を返品して、現金を受け取るだけです。注意しなければならないことは、クレジットカード決済を行ったその日の内なら、クレジット処理の取り消しを行うことができるということです。商品を購入したその日の内に返品したのでは、クレジット処理が取り消されるだけで、現金で返金してもらうことはありません。
現金を得るためには、商品を後日持っていく必要があります。もちろん、領収書などの控えも一緒に持っていきましょう。返品処理を利用した方法だと、商品の代金分が100パーセント返ってくるので、換金率を考える必要はありません。確実に現金を手に入れる方法だと言えますが、即日現金を手に入れることはできません。即日まとまったお金がほしいという場合には、あまり有効な手段だとはいえないでしょう。
クレジットカード現金化を考える場合というのは、すぐにまとまった現金が必要という場合がほとんどです。基本的に、クレジットカード会社はカード現金化を禁止しているので、自分で現金化を行うのはリスクを伴うものです。リスクがあっても現金化をしたいと考える方が行うので、とくにすぐ現金が必要だということでなければ、無理にカード現金化を行おうとする方も少ないでしょう。
カード現金化は、いざというときに知っておきたい、いわば保険のようなものです。
生活しているとどうしても急にまとまったお金が必要になることがあるので、そういったときにサッとカード現金化を行えるように知識を持っておきたいものです。

TOP