クレジットカード現金化はバレるのか

クレジットカード会社はカード現金化を禁止しており、もしも現金化が発覚したらカード利用停止の措置を取られます。しかし、少し考えてみたいのですが、カード会社は本当に現金化を発見することができるのでしょうか。換金率の高い商品を一度に大量購入するというような、目立つ行動があれば、現金化の疑いをかけてカード利用停止にすることはあるでしょう。
しかしこのような目立つ行動がない場合はどうでしょう。少額で購入した商品を転売したとしても、カード会社が気づくことはないのではないでしょうか。気づかない理由としては、まず、クレジットカードの利用者は非常に多いということです。ひとりひとりのショッピング状況を明確に把握しておくというのは難しいのではないでしょうか。
もちろん、上記に挙げたような目立つ行動があればすぐにわかるように、なんらかの設定をしていることは考えられます。しかし、たとえば一万円以下の買い物であれば、日常生活での買い物と判断して、とくに目をつけられることはないように思われます。カード現金化が疑われるような買い物をすると、カード会社から連絡が入ることもあるでしょう。このとき、カード現金化ではないと納得してもらえるような、はっきりとした理由があれば問題ないはずです。
また、カード会社の社員が直接家に来て、購入した商品の確認をするというようなこともないでしょう。以上のことから、少額でのカード現金化は、バレない可能性の方が高いといえます。しかし、少額の商品であれば、得られる現金も少額です。一度にまとまった現金を手に入れたいと考えたときには、あまりにも成果がない方法かもしれません。やはりリスクを冒してでも高い換金率の商品を現金化したほうが、得られる現金の額も高くなります。どうしてもカード利用停止のリスクを避けたい場合は、カード現金化業者に申し込むことがもっとも有効な手段でしょう。
リスクとリターンをよく考えて、効率よくカード現金化を行いましょう。

TOP