こんなときにカード現金化が疑われる

日常生活の買い物でクレジットカードを使う機会はどのくらいあるでしょうか。アパレルショップでたくさんの服を購入するなど、それなりに大きな金額の買い物をするときにカードを使うという方もいるかもしれません。一方、スーパーやコンビニなど、いつもの買い物をすべてカード払いにしているという方もいらっしゃるでしょう。公共料金などもカード払いにすることができます。
クレジットカードは、カード会社によってポイント制をとっているところがあります。カードを使えば使うほどポイントが貯まり、さまざまな商品に替えることができるのです。このポイントのためにすべての支払いをカードで行うという方もいるかもしれません。以上のように、非常に便利なクレジットカードですが、カード利用規約を確認したことはあるでしょうか。もちろん、入会時に必ず確認していると思いますが、ずっと使い続けていくうちに、利用規約を忘れてしまうこともあるでしょう。
実は、カード会社はクレジットカードのショッピング枠を現金化することを禁止しています。簡単に言うと、カードで購入したものを転売してはならない、ということです。しかし、実際に購入したものを転売したところで、その実態はカード会社に伝わる可能性は低いでしょう。ところが、カード現金化をしていようとしてなかろうと、カード会社から確認の電話が入ったり、カード利用停止の措置をとられたりすることがあります。
カード現金化の方法を知らなかったとしても、その疑いをかけられることがあるのです。どういう状況かというと、現金化に利用されやすい、換金率の高い商品をたくさん買ったときです。たとえば、自分の生活圏内では使わないような切符の回数券をたくさん買ったとしましょう。これから仕事で何回も往復しなければならない箇所の切符をあらかじめ買っておいただけだったとしても、切符の回数券は換金率が高いため疑われることがあるのです。
しかし、仕事で必要などの理由をきちんと伝えることができれば問題はないでしょう。

TOP