現金化用の振込口座の作り方

業者を利用してクレジットカード現金化をすると、指定した口座に現金が振り込まれます。この口座ですが、業者によって使用できる銀行口座が限られていることがあります。多くの現金化業者に対応できるような銀行口座を開設し、その銀行口座と繋がっているクレジットカードを作成しておくと安心です。
通常、銀行口座を作成するために必要なものは、運転免許証などの本人確認書類です。パスポートや年金手帳、健康保険証なども本人確認書類として使用できます。印鑑も必要となりますが、ゴム印やシャチハタなどは使えないので注意しましょう。そして、最初に預金しておくための現金が必要になります。銀行口座開設そのものは、たいして時間はかかりません。しかし、クレジットカード機能付きのカードにするとなると、審査が入るため時間がかかります。
すぐにカードが必要だというときには注意しましょう。一方、ネット銀行の口座を開設するためには、メールアドレスと身分証明が必要です。作りたいネット銀行のホームページに飛んで、口座開設申し込みページを開きます。名前や生年月日、住所など、必要な情報を入力していきます。ログインパスワードと暗証番号を設定しなくてはなりませんが、誕生日など人に知られやすい番号は避けましょう。
入力していく項目の中に、明細送付サービスの有無も設定することができる場合があります。現金化をするのに利用しようと考えている方は、明細を家族に見られたくない場合、明細送付サービスを申し込まないようにしましょう。ネット上で必要事項を入力したあとは、口座開設申込書類を記入します。口座開設申込書類は、ネット銀行のホームページ上からプリンタを使って印刷するか、郵送で入手できます。
申込書類を記入し、本人確認書類のコピーを同封してネット銀行の申し込み先に送ります。
もう少し手続きがありますが、実際にやってみるとそんなに難しいことはありません。いずれにしても時間がかかることを計算に入れておいて、銀行口座を開設すると良いでしょう。

TOP