クレジットカードで注意すること

クレジットカードは非常に便利ですが、注意しなければならない点もいくつかあります。おそらく、カードを使用している方で心配になるのは不正利用でしょう。万が一、財布を落としてしまった時に、カードを勝手に利用されたら大きな損害になってしまいます。財布を落としたりカードを紛失したりした場合は、速やかにカード会社に連絡を入れましょう。そのカードの利用を止め、損害を防がなくてはなりません。万が一、カードを紛失してしまった場合でも、次のようなことをしておくと、カードの不正利用をある程度止めることができます。まず、クレジットカードの裏面には必ずサインをしておきましょう。
サインがなければ、カードを取った誰かが勝手にサインをし、カードを不正利用することができます。もちろん、クレジットカードを誰かに貸したり、カードの暗証番号を誰かに教えたりするのもいけません。もしも、家族や友人などにカードを不正利用されたら、お金の損害が発生するだけでなく、精神的にも大きなダメージを受けることになります。暗証番号も、どこで誰が聞いているかわかりません。そして、教えた相手が勝手にカードを使用することも無きにしも非ずです。クレジットカードの不正利用は、徹底的に防がなくてはなりません。
次に、クレジットカードの支払いはきちんとしていくことが大切です。リボ払いなどの返済の仕組みについても、きちんと理解しておくことが重要でしょう。クレジットカード現金化をする場合、支払い方法を選ぶことができます。
これは、自分がどのペースでなら返済できるかきちんと考えて選ぶものです。カード現金化は、あくまで現金の前借りのようなものなので、カードの支払日には口座にお金を入れておかなくてはなりません。返済が滞ってしまうと、信頼問題に関わっていきます。返済不能になったために、カードを使用することができなくなることもあるでしょう。
クレジットカードは、現金化だけでなく、どのような買い物においても、返済計画をきちんと立てて使うことが大切です。

TOP