クレジットカードの審査は何をチェックするの?

クレジットカードの審査は、いったいどのような基準で行われるものなのでしょうか。たとえば、塾講師の仕事をしているフリーターがいたとします。このフリーターは、塾とは非常勤契約で、正社員で働いているわけではありません。フリーターの力によって給料も左右されます。このフリーターは非常に実力があり、とある塾との契約で、月収70万円を稼いでいたとします。このフリーターと、月収30万円の公務員、どちらのほうがクレジットカードの審査に通りやすいでしょうか。実は、公務員のほうが審査に通りやすいです。月収で比べてみると、明らかにフリーターのほうが稼いでいます。しかし、フリーターは非常勤契約の塾講師であり、公務員に比べて収入は不安定であると言えます。
クレジットカードの審査は、収入が安定しているかどうかで判断しているのです。つまり、収入が不安定なフリーターでは、クレジットカードの審査に通ることが難しいことがあります。
クレジットカード現金化をやってみたいと考えているフリーターの方は、クレジットカードを新しく作ることができないのかというと、そのようなことはありません。フリーターでも作成することができるクレジットカードはあります。学生や主婦の方でも、扶養に入っているのならば、両親や夫の職業によってクレジットカードを作りやすくなることがあります。収入が不安定な状態だったとしても、クレジットカードを作ることを諦める必要はないのです。また、生活の中で、急に出費を迫られることは誰だってあるでしょう。
フリーターをしているときに、身近な友達が結婚式を挙げることになり、急にご祝儀が必要になることもあるでしょう。実家と離れて暮らしているときに、急に実家に帰らなければならず、まとまったお金が必要になることもあるかもしれません。そうしたときに、クレジットカードがあると、現金化という方法をとって現金を手に入れることができます。
どんな方でも、クレジットカードを一枚持っておくと、安心して生活することができるでしょう。

TOP