法人向けのクレジットカードは法人格がなくても作成可能

クレジットカードには、法人向けのカードがあることをご存知でしょうか。法人向けのクレジットカードは、経費の支払いなどで区別する際に便利なため、作成する方も多いです。この法人向けクレジットカードは、個人事業主や自由業をしているような、法人格を持たない方も作成することが可能です。もちろん、そういった法人格を持たない相手向けにカードを作成しているカード会社に申し込むことが必要です。
審査については、法人格を持たないからといって厳しくなることはありません。むしろ、会社名義であるほうが、会社倒産のリスクを考慮されて厳しくなる場合があります。法人カードと一般的な個人用のクレジットカードにおいて、利用方法については大きな違いはありません。しかし、法人カードのなかには、分割払いやリボ払いができないタイプもあるので作成時に確認しておくことが大切です。分割払いにすれば買うことができるというとき、法人カードで決済しようとしたら一括払いしか選択できなかった、ということもあり得ます。利用限度額については、法人の信頼度によります。信頼度が高ければ高いほど、限度額が大きくなります。
また、長くカードを利用していくことによって信頼度が上がり、カードの限度額を大きくすることもできるでしょう。もちろん、利用している間に、支払いを延滞するなどといった信頼を落とすようなことはしないことです。
クレジットカードといえば、現金化に利用することもできますが、法人カードはどうでしょうか。現金化業者によっては、法人カードに対応しています。法人カードの利用者向けにプランを作成している業者もあります。法人カードは、信頼度によっては限度額が非常に大きいため、現金化についても高い還元率で行うことが可能です。大きな額の現金化を検討している方は、しっかりと現金化業者を比較し、優良業者に依頼することが大切です。
法人格がある方もない方も、法人カード作成に興味のある方は、カード会社を比較してみてはいかがでしょうか。

TOP