クレジットカードには盗難保険がある

クレジットカードを持っていて怖いことは、不正利用でしょう。自分では利用していないのに、誰かに勝手に利用されてしまったら大変なことになります。しかし、不正利用のことばかり不安に思っていたら、クレジットカードを持ち歩くことなんてできません。万が一、クレジットカードを紛失してしまった場合、どうしたらよいのか確認してみましょう。クレジットカードが盗難に遭ったときを想定して、カードには盗難保険が付いているものです。
盗難に気がついたらすぐにカード会社に連絡し、盗難保険の確認をしましょう。盗難保険が適用されるパターンをいくつか紹介します。まず、財布をどこかで落としてしまい、クレジットカードを誰かに勝手に利用されたときです。財布をスリや泥棒などによって盗まれた場合も盗難保険が適用されます。スキミング詐欺やフィッシング詐欺に遭った場合も保険が効きます。以上のように直接盗まれたり、詐欺に遭ったりした場合以外に、通販サイトなどで個人情報が漏洩し、勝手にカード決済された場合も盗難保険が適用されます。
おそらく、インターネット上で取引をしていてもっとも気になることが、この情報漏洩でしょう。情報漏洩に気がついたときは、その通販サイトやカード会社に急いで連絡を取りましょう。また、通常の買い物で極稀に起こることが、二重決済です。買い物の時点では気づかず、クレジットカードの明細を確認したときに気づいたならば、急いでカード会社に連絡を入れましょう。以上のように、不正利用があっても盗難保険が効くため、クレジットカードを持つことを必要以上に恐れることはありません。むしろ、現金を盗まれたほうが、お金が返ってくる可能性が低くなってしまいます。
現金の場合は返ってこないと考えたほうが良いでしょう。クレジットカードを利用するなかで、現金化をすることもあるかもしれません。
現金化は、カード会社は基本的に禁止しているので、業者に依頼するときは個人情報の管理がしっかりしているところを選びましょう。

TOP