クレジットカードの盗難保険が効かない場合

クレジットカードには盗難保険が付いています。万が一盗まれてしまったとしても、自分以外の第三者が勝手に使った金額については盗難保険が適用されます。ところが、盗難保険が適用されない場合もあります。カードの不正利用をされた挙句、盗難保険が効かないというときは、さすがにショックを受けるでしょう。そういった事態を避けるためにも、盗難保険が効かない場合を確認しておきましょう。まずは、カードの暗証番号が漏洩していた場合です。クレジットカード決済をするとき、暗証番号で行うことがあるでしょう。この暗証番号は、基本的に本人しか知りえない情報です。
暗証番号を知った第三者が、暗証番号で決済すると、盗難保険が適用されないことがあるのです。暗証番号は、家族や友人など、身近な相手であっても決して教えてはなりません。どこで誰が聞いているかわからないものです。また、身近な人がうっかりほかの誰かに話すかもしれません。いくら信用している相手であっても、暗証番号は絶対に秘密にすることです。
また、暗証番号は忘れやすいからといって、カード自体にメモをすることは絶対にやってはなりません。盗難されたとき、盗難した人間が確実に暗証番号を知ってしまいます。また、財布ごと盗まれた場合、財布のなかに免許証などが入っていると誕生日も知られてしまいます。クレジットカードの暗証番号は、誕生日や電話番号、住所などとまったく関係のない数字にしたほうが良いでしょう。次に、盗難保険が適用されない場合は、家族に利用された場合です。家族という身近な人間の場合、カード所持者本人が納得してカードを利用させたことも考えられるため、不正利用かどうかの判断が難しいからです。また、盗難保険の申請が遅くても、適用されないことがあります。
クレジットカードは、日常の買い物やカード現金化などで活躍する、便利なアイテムです。不正利用されないためにも、カード管理はきちんと行いましょう。

TOP