クレジットカードの家族カードとは

クレジットカードには、家族カードというものがあることをご存知でしょうか。家族カードとは、その名のとおり、家族にクレジットカードを作成して渡すことができるものです。親カードとなる一枚を所持しており、その後追加発行される形です。家族カードは、家族ならば誰でも使用することができるということではありません。家族カードそれぞれ名義人を決め、名義人だけが利用することができます。
家族カードを使いまわすと、万が一、盗難などに遭って紛失した際に、盗難保険が適用されない場合があります。また、家族カードは、基本的に18歳未満の子どもには発行されません。家族カードを利用することのメリットは、まず、家族でカード決済をした分だけポイントを貯めることができます。家族それぞれが別々にポイントを貯めるよりも、効率よくポイントを貯めることが可能です。たくさんポイントが貯まったら、家族旅行などに充てることができるでしょう。ほかのメリットとしては、年会費が無料になるか、比較的安くなることです。クレジットカードは年会費がかかることがあるため、年会費の節約になります。
また、クレジットカード所有者ならではの特典を家族も受けることができるようになります。多くの人にとってはあまり興味のないメリットかもしれませんが、ブラック属性であっても、家族カードなら所持することができます。なんらかの理由で妻がブラック属性になってしまったとしても、夫の所有するクレジットカードの家族カードを持つことはできるということです。カード会社のなかには、家族カードを発行しているところもあればしていないところもあります。家族カードを作成したい場合は、カード会社に確認しましょう。もう一点、家族カードを使う上で注意したいことは、使いすぎや、利用内容が親カード所持者にバレることです。
たとえば、カード現金化をした場合、家族から何の決済か問われることもあるかもしれません。
家族に知られたくない買い物や現金化は、個人的に所有しているカードを使ったほうが無難でしょう。

TOP