使わないクレジットカードは整理しよう

クレジットカードはさまざまな支払いに利用することができ、非常に便利です。しかし、気が付くとクレジットカードをたくさん持っていた、ということはないでしょうか。引越しのたびに、引越し先の銀行カードを作り、それをクレジットカードにするという場合や、買い物のたびに、そのショッピングモールのクレジットカードを作るといった場合です。どんどんクレジットカードが増えていくと、管理が大変です。また、気がつかないうちに損をしていることもあるでしょう。クレジットカードを作るときにチェックしたいことは年会費です。なにも考えずにカードを作っていくと、気が付けば年会費がかなりかかることになりかねません。
カード会社によっては、年間○万円を使う事によって年会費が無料になる、というシステムを取っているところがあります。使ったら無料になると考えてカードを作ったとしても、カードを使わなければ意味がありません。だからといって、カードを複数枚持つことが悪いということではないのです。それぞれのカードの用途がはっきりしているならば、複数持つことも良いでしょう。しかし、目的もないまま、大量にカードを持つことは結果的に無駄遣いになります。
まったく使うことがなくなった、または使う機会がほとんどないカードについては整理したほうが良いでしょう。また、利用明細書を郵送で受け取っている場合、発行費用がかかっていることがあります。ネットで確認する方法に切り替えると発行費用が抑えられます。たまにしか利用しないカードの場合、利用明細書によって費用がかかっていたらもったいないです。
また、クレジットカードを複数枚持つ理由として、いざというときにカード現金化をしたいから、という方もいらっしゃるかもしれません。しかし、一度に大量にカード現金化をすると、返済方法に困る場合が考えられます。
また、カード会社にバレて、カード利用停止にされる危険性も高まります。カード現金化をするにしても、利用するカードを絞って行ったほうが良いでしょう。

TOP