いろんなカードがあるので混乱しないために

現在ではさまざまな種類のカードがあり、どれがどんな役割を果たすものなのか混乱することがあるかもしれません。そもそも、クレジットカードとキャッシュカードとは、どのような違いがあるのでしょうか。クレジットカードは、買い物や公共料金の支払いなどで使用することができるものです。カード払いで買い物をすると、毎月ほぼ決まった日に、指定口座から買い物した額がまとめて引き落とされます。
キャッシュカードはATMからお金を引き出すために利用します。キャッシュカードで買い物をすることはできません。しかし、最近ではキャッシュカードとクレジットカードが一体化していることが多く、クレジットカードを使ってATMでお金を引き出せると感じてしまうこともあるかもしれません。また、デビットカードは、キャッシュカードで買い物ができるようなものなので、こちらもクレジットカードと混同してしまいそうです。しかし、ひとつひとつ仕組みに違いがあるので、カードの特性をきちんと理解して使用することが大切です。
とくに、クレジットカード現金化を考えている方は、キャッシュカードで行うことができるわけではないので注意が必要です。キャッシュカードやデビットカードだけでなく、ショッピングモールなどで発行されているカードにもクレジット機能を付けることができる場合があります。クレジット機能を付けるためには、その申し込みを行う必要があります。カードにクレジット機能が付く、という情報だけを覚えていて、申し込みをしていないのではクレジットカードとして利用することはできません。ときどき、申し込みをしていないけれどもクレジット機能が付いているのではないかと勘違いしてしまうこともあるかもしれないため、注意が必要です。
現金化をしてみようと思った時に、肝心のクレジットカードがなくては困ります。今一度、自分が持っているクレジットカードはどれか、きちんと確認してみましょう。

TOP