クレジットカード現金化はキャンセルできるのか

急な出費を求められたときに頼りになるのが、クレジットカード現金化です。インターネットさえつながれば、いつでもどこでも簡単に申し込みができますし、面倒な手続きもありません。給料日までどうしても待つことができないときなど、現金化でお金を用意することが可能です。
しかし、ときには、クレジットカード現金化の申し込みをしたけれども取りやめたいということがあるでしょう。たとえば、給料日を1週間後に控えたとき、たまたま生活費が残り1万円だったとします。
こんなときに、会社の同僚の出産祝いを用意しなければならなくなりました。予算は3000円です。これを支払うと、残りは7000円になり、1日1000円で乗り切らなくてはなりません。ところが、会社の付き合いで飲み会も控えているので、給料日までに金欠になってしまいます。しかも、定期貯金をしていて貯金は崩すことができません。こんなとき、クレジットカード現金化を行えば、ひとまず現金を手に入れることができ、生活の不安も解消されるでしょう。
そのため、カード現金化の申し込みをしたとします。そのあとに、出産祝いは給料日以降に支払えばよいということになったとします。1万円あれば、飲み会の参加費を出したとしても、1週間を乗り切ることができることになりました。ならば現金化をキャンセルしたい、と考えたとします。業者にキャンセルの旨を伝えた場合、対応は業者によって少しずつ違いますが、ほとんどの場合はキャンセルができるようです。ただし、早めにキャンセルを申し出た場合です。ほかにも、なんとなく現金化をやってみようかな、と申し込んだはいいものの、やっぱりキャンセルしたいということもあるでしょう。そのようなときは、早めに業者に連絡を入れましょう。ただし、業者のなかにはキャンセルに応じてくれないところもあります。
クレジットカード現金化を申し込むときは、よく考えて申し込みをすると良いでしょう。また、キャンセルについて、あらかじめ業者に問い合わせておくと安心です。

TOP